セパレートダイアリー活用術

管理職の方

管理職になり、複数の部下を動かす立場になれば、自身が抱える仕事のスケジューリングはもとより、会社全体の仕事を把握したり、部下に対するタイムリーな進捗管理をする必要に迫られます。同時に、人材の育成も、管理者に身を置く人にとって重要課題。部下の育成に時間を費やさなければなりません。プレーヤーとして自分の仕事をこなしながら、マネージメント業務も行なわなければならない管理職にとって、時間管理力は何より重要になってきます

「時間管理力」は管理者にとって重要なスキルである。

時間管理の達人になると・・・

  • 時間を創造することができる
  • ムダな時間を排除して、生産性を高めることができる
  • 仕事を部下やスタッフに任せることができるようになる
  • 自分と部下を管理することができるようになる

セパレートダイアリーを使った時間管理活用術

活用手順 1/5

活用術1

まずは月間カレンダーに決まっている予定はすべて書き込みましょう。
その際にそれぞれの予定を、「仕事」「プライベート」「記念日」など色分けして記入しておくと、より管理がしやすくなります。

活用手順 2/5

活用術2

次に、ワーキングプランに計画すべきプロジェクトを記入し、矢印を引いて具体的なプランを立てましょう。

活用手順 3/5

活用術3

週間カレンダーに、月間カレンダーの予定を転記しましょう。

活用手順 4/5

活用術4

週間カレンダーに、ワーキングプランの予定から今週すべきことを転記しましょう。

活用手順 5/5

活用術5

タスク管理ページに日付を記入して、その日やらなければならないことをもれなく記入しましょう。
終了したタスクは、赤ペンで消すことで達成感を感じることができ次の一歩につながります。

このページの先頭へ