セパレートダイアリー活用術

経営者の方

会議や出張、商談などに加えて、社内外のイベントなど、経営者の日常は多忙を極めます。企業のトップとして、部組織全体の時間の管理も求められます。さらに、経営理念、経営方針など、会社の未来をつくる時間も持たなければなりません。
特に中小企業の社長は、自らもプレイヤーとなって動かなければならず、厳しい責務が生じます。これらの役割を十分に果たすためには、「時間管理力」が何より重要になってきます。

「時間管理力」は経営者にとって重要なスキルである。

時間管理の達人になると、

  • 限られた時間を効果的に活用することができる
  • 時間を創造することができる。
  • ゴールへの道筋が見えるようになる
  • 自らを管理することができるようになる

セパレートダイアリーを使った時間管理活用術

活用手順 1/5

活用術1

まずは月間カレンダーに決まっている予定はすべて書き込みましょう。
その際にそれぞれの予定を、「仕事」「プライベート」「重要なこと」など色分けして記入しておくと、より管理がしやすくなります。

活用手順 2/5

活用術2

次に、ワーキングプランに計画すべきプロジェクトを記入し、矢印を引いて具体的なプランを立てましょう。

活用手順 3/5

活用術3

週間カレンダーに、月間カレンダーの予定を転記しましょう。

活用手順 4/5

活用術4

週間カレンダーに、ワーキングプランの予定から今週すべきことを転記しましょう。

活用手順 5/5

活用術5

タスク管理ページに日付を記入して、その日やらなければならないないことをもれなく記入しましょう。
終了したタスクは、赤ペンで消すことで達成感を感じることができ、次の一歩につながります。

このページの先頭へ